バレないための不倫相手の見つけ方

不倫をするためには当然ではありますが相手を見つけなければ関係性は成り立たないわけだ。

しかし、その相手を見つけるのがある意味では一番難しいことなのである。
不倫の相手は、結局のところそういう関係を作ることに対して寛容だったり、容認するようなタイプの人間でしか勤まらないし、自分に結婚相手がいるのを隠して関係を持つと後でバレてしまった後に厄介なことにしかならないから、あくまで関係性を明確にした上で遊ぶということが何より必要な前提条件となっていると言ってもいいわけだ。
しかし、そうなってくるとそういった話を持ちかけるにはまず何よりも、相手が浮気という関係性に対して嫌悪感を持っていない人だけに限定すべきであることが分かるである。
とは言っても、ある程度既知の関係であったとしても相手がそういう遊びの不逞の関係性に対してどういう風に思っているのか、ということはパッと見ただけではわかる物ではないのだ。
だから、昨今ではこういう関係性の相手を見つけるのは、近場の人間や元から人間関係の繋がりがあるような相手からではなく、インターネットを利用して本来接点のない人間と関係を結ぶという方がはるかに安全だし、何より関係が成立する成功率も非常にこちらの方が高いのだ。

インターネットを使って相手探し

接点のない相手と、そう言った関係を作るメリットは失敗しても自分にリスクが殆どないことや、そもそも接点がないのだから怪しまれにくいというところにあるのだ。
そして、その接点のない相手と関係を作るために最も適しているのはインターネットのような、不特定多数の人間の中から無作為に相手を選ぶことができるようなツールなのである。

昨今では、そう言った刺激的な関係性を求める人が集まるような場所も出来上がっており、出会い系サイトは勿論のこと、フリーの掲示板やSNSのコミュニティを利用して、不倫関係を作ろうとしているような人たちが増えているのだ。
実際、昨今では寧ろそう言った関係を作る殆どの人がインターネットを利用しているし、こうした関係性の構築の便利なところはそれ専用の相手と関係を作るので、下手に踏み込みすぎずに遊ぶことができる、ということなのだ。
こういった関係性を作る時、特に問題になるというか弊害になるのがのめりこみすぎて本気の恋愛に発展してしまう場合だ。
セックスを楽しむためだけの相手ならば、時間を作るのは勿論会うのもセックスをするときだけ、という風にかなり時間を短くしていてもいいのだが、本気の恋愛となるとどうしても相手に会いたくなってしまうし、その感情は相手も同じだ。
そうなってくると、自然と会う回数も多くなり頻度も頻繁になってくると、本来の伴侶に怪しまれ気づかれやすくなってしまう、というわけだ。
のめりこみすぎると、恋愛感情が強く出てしまい、冷静な判断ができなくなることは勿論、自分の伴侶に対しての態度なども無意識に変わってしまうこともある。
そうなってくると、いよいよもって怪しまれるというもの。
こういった関係性がバレないようにするためには、疑念すら抱かせないということが必要不可欠になってくる。
はっきり言って、関係性を疑われ始めたらそれはもうバレているのと同義だと思った方がいいくらいに危険な状態だ。
その点、インターネットを利用して出会った関係であればのめりこみすぎることもないし、お互いに本来その関係以外の接点がないから日常生活でばったりと会うこともなければ、そもそもお互いが関係を持っていることさえ周りに感づかれないようにすることも不可能ではない。
だから、安全に関係性を構築して楽しむためには何より接点のない相手と関係を結ぶことに尽きるのだ。


更新情報